<< 鍵を迷子にさせないキーケース | main | 肌が、イタ━━━━(´Д`)━━━━イ! >>

 こぐま屋トートバッグ(M)のご紹介
 オリジナルトートバッグの紹介ページを作りました。よろしければご覧くださいね。
NORISHIROさんのルームシューズ(14cm)
うちの娘NORISHIROさんは、どうも靴下が嫌いらしく、気が付くといつも裸足。しかしさすがにそれではいかんと思ったのか、今度はスリッパを勝手にあっちこっちから持ち出し、デカイスリッパに足をつっこんで家中をうろついております。

ちっちゃなあんよをスリッパに入れて、腕をフリフリ歩く2歳児。
ああなんてかわい・・・ ( ゚Д゚)ハッ

娘よ、それはトイレのスリッパなのだよil||li (つω-`*)il||li

「それ、まーちゃんのー(さすがに本名はNORISHIROじゃないですから(笑)すりっぱー」とすがる娘をふりほどき、トイレのスリッパを没収。すると今度はパパのスリッパを強奪。それも取り上げると、玄関から靴を持ち出す始末。

そんなに欲しいならと探してみると、子供用スリッパはほとんど見当たらず、あってもアンパンマンだのトーマスだのディズニーだの、ワタクシ的にあまり積極的に家に持ち込みたくないキャラばかり。やっと見つけたミッフィーは、なんだか病院かトイレで使うような塩ビのスリッパ。もっとシンプルなのはないのかと、雑貨屋をめぐるも全滅。ネットでもほとんどなく、逆にあってもお値段高めのバブーシュだったり。

ま、そのうち飽きるだろうと放っておいたところ、ある日ソファでPCをいじっている私のもとにニコニコしながら「ままー、みてー」とNORISHIROさん。

「ままー、まーちゃんのすりっぱー、これー、うふふー」

いわれるままにその指先を見ると、そこにあったのは

ゴミ箱から拾ってきたサランラップを足に巻きつけた娘の足。

すまん、ママが悪かった。゚(ノД`゚)゚。

というわけで、売ってないなら作るしかないと、バブーシュ、ルームシューズ、スリッパの3つの方向でネットで型紙を探してみたのですが、どうもいまひとつ。そもそも子供用自体がほとんどなく、あっても18cmくらいだったり。かといって大人用からアレンジできるほどの自信はないし。困ったなぁと、家のハンドメイド本をパラパラめくっていたら、子供用ルームシューズの型紙&レシピを発見。それも14,16,18と小さいサイズが充実。お揃いのママ用もあったのだけど、面倒くさそうなのでパス(笑)

型紙はこれでよしとして、

「初心者向け」の本や型紙&レシピ通りの材料や作り方を鵜呑みにするとショボイのしかできない

という経験を踏まえ、ネットで実際に作った人のブログや上手な人の作品を参考に、オットにNOSHIROさんの面倒を頼み1日がかりで作りました。「いまNORISHIROさんのスリッパ作ってるからねー」というと、途中で何度も様子を見に来ては「これ、まーちゃんのすりっぱー?かわいいねぇー」ですと。よーしママがんばっちゃうぞー!ムハー(゚∀゚)=3 
そんなわけでできあがったのがコチラ。





甲の部分にはリネンのみつあみリボン、中にはいただきものの上品なイニシャルタグ。内布は、センスオブワンダーっぽい花柄のホワイトワッフル、外布はバラ柄のリネン、花のウッドボタンに茶色のワックスロープで、ナチュラルハンドメイド系に仕上げてみました。

ちなみに、センスオブワンダーといいますのは


こんなんとか


こんなんとか


こんなんで、
かわいさもお値段も(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルなブランドなんでございます。まぁ、どっちかというのNIRISHOROさんのキャラじゃないんですけどね。なにしろ見せられたのが「サランラップのスリッパ」でしたので、ちょっとお値段高め系な雰囲気で作ってみましたよ。
ホントはNORISHIROさんがイヤがったらオクに出そうという気で、人気のありそうなデザインにしといたの(゚∀゚。)デス!!

これで履いてくれなかったら「サランラップ以下」になるところでしたが、実際に出来上がると、思った以上に気に入ったようで喜んで走り回ってました。(´Д`*)ヨカッタヨカッタ



ちなみに参考にした本はこちら。


ママと女の子*ナチュラルテイストの服と布こもの―こどもと過ごすやさしい時間 (レディブティックシリーズ―ソーイング (2401))

本当はバブーシュのような感じにしたかったので、底の部分に薄いポリ芯を入れたり、ふちのバイアス部分のゴムをはぶいたり、かなりアレンジしましたが、基本の型紙はそのままです。
|- | comments(0) | trackbacks(0)









http://37mama.yumizo.oops.jp/trackback/933813