こぐま屋トートバッグ(M)のご紹介
 オリジナルトートバッグの紹介ページを作りました。よろしければご覧くださいね。
絵本と一緒に幼い心は旅に出る
小さな頃から絵本や本が大好きで、いつか大きくなって子供ができたら、
いろんなお話を読んで聞かせてあげるのが夢でした。

特にお気に入りだったのは、ブックローンのチャイクロ。
よほど大切に読んでいたのでしょう。
どのページに何が書かれているのか暗記してしまうほど、
繰り返し読んだにもかかわらず、破れも落書きも一切なく、
おかげでそのままそっくりNORISHIROに譲ってあげることができそうです。

「くらげのユラ」が大好きでした。

30年近く前のものですが、絵の美しさも内容のおもしろさも、
今読んでみても全くといってよいほど遜色はありません。
(今でも販売しているようですが、結構いいお値段ですので、
ヤフオクなどに出た時などはチャンスだと思います)

子供のための本は、時代を経てもその良さが色あせないのがいい。

だからNORISHIROが読めるようになるのは、まだまだ先だとわかっていても、
良い本があると聞くとつい買ってしまいます。
というか、むしろ私が読みたくなってしまうのですが(笑)

とはいえ、良い本をあげればキリがないのに対し、
残念ながら我が家の財力には限界がございまして。
そこでできる限り「これは!」と思える本を吟味して、
少しずつ買いためるようにしています。

そんななか、manachanさんコチラの記事を読んで、すぐさま買ったのがこの本。



「こんにちは おてがみです」

福音館書店「こどものとも」の50周年記念に出版されたこの絵本は、
「だるまちゃん」や「ぐりとぐら」といった、子供の頃から親しんだ
絵本の登場人物たちからお手紙が届くうれしい仕掛けになっています。

何件か本屋さんをまわったのですがどこも品切れで、結局amazonで
娘用と出産祝いをいただいたお友達へのプレゼント用の2冊を購入。

手紙といえば、日本児童図書出版協会のこちらのページに、
手紙にまつわる児童書がまとめられています。
どの話も面白そうで、機会があったら読んでみたい本ばかりです。

あっ、そうそう、今回この「こんにちは おてがみです」を買ったことで、
あることを思いついたのですが・・・・その話はまた今度。
|絵本・おもちゃ | comments(2) | trackbacks(0)